新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP!

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。 

新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP! イメージ画像

2006年11月

特許庁で、非常勤職員の約半数、270人が社会保険に加入すべきところを加入させていないという是正の指導を受けました。今日はこの話題をもとに社会保険加入の基準について触れようと思います。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて!退職金制度」、です。 先週、既存の退職金制度を確定拠出年金に移行したいという相談がありました。特に迷っているのが、新しい制度を全て確定拠出年金に移行してもいいものか、ということ。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 人事制度や賃金制度の見直しに悩む経営者さまは多いと思います。そして、悩んだあげく、他社の事例を集めよう!と事例コレクターになることが散見されます。 まずは

パートタイマーと正社員の格差是正が問題となっていましたが、この問題の解決に向け、厚生労働省が動き出しました。具体的には均衡処遇や正社員への転換促進について明記したパート労働法の改正案を提出するようです。

11月は賃金不払残業解消キャンペーン月間となっています。労働局を中心にいわゆる「サービス残業」撲滅のために様々な取組みを実施します。今回はその内容に触れてみたいと思います。

↑このページのトップヘ