新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

2006年01月

今日はどうする?残業問題です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 「電話に出て休憩を邪魔されたんだから残業をつけてよ!」

今日は教えて!退職金制度です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし順位を確認!いつも応援ありがとうございます ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 再雇用した嘱託社員に対しても退職金を支払う必要はあるでしょう

今日は私の体験談、人を活かせない会社?です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープしています ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 正しく評価した結果、○○点とな

今日はもう待ったなし!継続雇用相談室です。 「再雇用されると休みが少なくなるの?」今日は、そんな素朴な質問をされて困っていた経営者様からの質問を紹介します。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープし

今日はもう待ったなし!継続雇用相談室です。 Q.「再雇用の契約期間は65歳までにするのが良いのか」 A.「現実的には一定期間を区切って契約するのが良いでしょう」 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープ

今日はどうする?残業問題,私が以前勤務していた店舗で起こった事例です。 上杉主任(仮名)の元に、夜22時にお店の警備室から電話がきました。 「夜分遅くにスミマセン。上杉主任ですか。」 「ハイ、何の用でしょうか」 「大変です。冷ケースの温度が急に上昇して

今日は教えて!退職金制度,今回は社長の退職金についてです。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープしています ↑クリックして頂けると、10ポイント加算です。応援よろしくお願いします。 老後は奥さんの「

今日は労働法を斬る,賃金についての話です。 安全運転を心がける、これを賃金に反映するにはどうしたらいいいんでしょうか。 ある運送会社での話です。 「事故を起こしたらもらえなくなる手当を作ろうと思っている。でも、事故を起こすと給料が減るというのは労働法

今日は教えて!退職金制度,です。 今日は「後出しジャンケンが、有利とは限らない」という話。適格退職年金問題に悩む、ある役員の方との会話です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして順位を確認!皆様のお陰でベスト3をキープしています ↑クリ

「年齢給の廃止」、果たして中小企業でもできるのでしょうか。「NTTが社員給与のうち、勤続年数に応じて上がる年齢給を2006年度から全面的に廃止する方針を固めた。」という報道がありました。同じようなことをある中小企業の社長がやろうという話を聞いたことがあります・・・

今日はパートタイマーを活用しよう!,をお送りします。 「もっと教えて下さいよ。」多くのパートタイマーがこう言ったんです。 みなさんの会社ではパートタイマーの方をどのように扱っているでしょうか。コピーをしてくれる人、お茶を出してくれる人、あるいは商品をせ

今日はもう待ったなし!継続雇用相談室,をお送りします。 目の前のおいしそうな「ニンジン」に惑わされないで下さい。もしかしたら「毒入り」かもしれませんよ! 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックして今の順位を確認してみてください。 ↑クリックし

今日はどうする?残業問題,をお送りします。 サービス代休が多くて大変だ!将来、こんなことを言う経営者の方が多くなるかもしれません。 今週月曜日の日経新聞等で報道がありました。厚生労働省では労働法規にて労働時間規制を強化する方針です。その中で、労働法規の

今日は教えて!退職金制度,久しぶりに「こんなはずではなかったのに」という事例の紹介です。 ある社長が言いました、「自分の都合で好き勝手に辞めていく人に退職金を満額払うなんて我慢できない」。この会社は退職金制度として規定されているものはありませんでした。です

私は現状のまま、労働法規で有給休暇の一定日数を強制的に取得させようとすれば、「今日は有給休暇ですが、出勤しています!」</b>、こんな人が多くなるような気がしています。そして、有給休暇なのに出勤して仕事をする「サービス有休問題」がクローズアップされるかも・・・

今日はもう待ったなし!「継続雇用相談室」(労働法を斬る),をお送りします。 Q.「再雇用の場合、退職後すぐに再雇用したほうがいいのか?」 A.「高齢者によって希望は異なると思います。よって一定期間を決めて、その間に再雇用でも良いと考えます」 人気ブロ

今日はどうする?残業問題,昨日に引き続きまして、福岡銀行のサービス残業対策についての考察です。 (2)時間外労働削減への取組 従業員各人の時間管理意識を徹底するとともに、早帰りに向けた職場単位での自主的な工夫を継続的に行う。本部横断組織である「業務改革委

今日はどうする?残業問題,実際に発表されましたサービス残業対策についての考察です。 福岡銀行で未払い賃金が21億円あったというニュースが流れました。多くの人は既に知っていることと思います。とは言うものの、賃金未払いのニュースはこれまでも沢山ありましたし、こ

今日は,私のコンサルティングに対する考え方をお話しようと思います。 今日は私の退職金コンサルティングに対する姿勢をお話ししたいと思います。一言で言えば「私は制度を作らない」ということです。えっ、何もしないの多額の料金を取るの?それこそ「ぼったくり」じゃな

今日は,どうする?残業問題(労働法を斬る)、知人から労働者の立場で聞かれた質問を紹介します。 Q.「会社から帰る途中でお客さまに領収書を届けたけど残業にならないの?」 A.「通常通り、何ら拘束されることなく帰宅したのであれば、残業しなくても違法ではありま

今日は,労働法を斬る、スーパーに勤める知人から聞いた事例を紹介します。 ある食品スーパーでの話です。パートが集まらず人員不足に陥りました。そして思うように売場作りができなくなり、困るようになりました。そこで、人事担当者はパートタイマーが集まらないなら仕方

今日は,教えて!退職金制度、不利益変更の代替措置についての話です。 ある会社がコンサルタントから退職金制度の不利益変更についてアドバイスを受けたそうです。詳細を話すと大変なので概略だけ話します。退職金の積立不足が多く、退職金規程で約束した金額の3割程度し

今日は,労働法を斬る、ある派遣社員の事例を紹介します。 インターネットにてとんでもな事例を発見しましたので、紹介しようと思います。おそらく誰もが知っている有名企業での偽装採用と言われかねない事例です。 人気ブログランキングに参加中! ココをクリックし

今日は,昨日に続き継続雇用相談室、法改正の施行がせまっていますので、掲載頻度を増やす予定です。 Q.「勤務延長制度は再雇用制度とは違うのか」 A.「勤務延長の場合は定年後も雇用が継続されますので再雇用とは異なります。」 人気ブログランキングに参加中!

今日は継続雇用相談室、4月から段階的に義務化される雇用延長、継続雇用に関するQ&Aです。 Q.「再雇用制度の対象者を職種によって限定できるのか」 A.「法律上は労使協定で定めた場合に可能ということになります。ただ、望ましいものではありませんので、実際に

今日はどうする?残業問題(労働法を斬る)、雪の為、遅刻した社員への対応についてです。 Q.「雪で遅刻した社員が就業時間終了後にも残って働いたが、これは残業として扱うのか」 A.「当日の労働時間合計で判断することとなります。必ず残業になるとは限りません」

今日は教えて!退職金制度、いつもとチョット角度を変え、サービス内容についての考察です。 退職金制度の現状分析サービスがちょっとしたブームになっています。まず現状を知ることが重要だ、病気になったら医師の診断が必要なのと同じように。確かにその通りです。診断

今日は昨日に引き続き労働法を斬る番外篇です。 昨日はあるマンション販売会社が対応のまずさから、疑念を持たれたケースについて話をしました。その話を聞いた時、退職金制度の不利益変更において似たようなケースがあったことを思い出しました。 人気ブログランキン

今日は労働法を斬るのコンセプトについて話そうと思ったのですが、気になる話を聞きましたので、お話しします。 昨日、東京に住んでいる母と電話で話をしました。正月の挨拶で済ますはずだったんですが、意外な話になりました。実はウチの母はマンションを購入し3月末に

↑このページのトップヘ