こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。

今日は退職金の話ではありません。

ホームページにプロフィールがあるんですが、
良く聞かれることがあります。

「〜計画労働時間と実労働時間の差を月2時間以内に収める、
など多数の功績を残す。」

これは何ですか?とよく聞かれるんです。

まずはコチラをチェック!→人気ブログランキングへ
皆さん、いつも応援ありがとうございます!

以前、在籍した会社で、4年間にわたり、賃金不払い残業
(サービス残業)削減対策に従事してきました。

その成果を書いたんです。

例えば残業も含めて月180時間勤務の予定であれば、月182時間
の範囲におさめているということです。

これのどこが凄いの?それが賃金不払い残業と何の関係があるの?

という声が聞こえてきそうです。

確かにわかりづらいですよね。

計画労働時間=給料を払う予定の時間 と言えばもう少し
わかりやすいかもしれませんね。

ここまで来るのに、様々なドラマがありました。

ちなみに、私はまさに「鬼畜生」扱いでした。


このドラマと結果を出すまでの道のりを説明するのは大変です。

そこで、このブログで少しずつ話していこうと思います。

どこの職場でもあてはまるわけではありません。

しかし、会社の風土を変えることによって賃金不払い残業を削減した、
実例を知る事ができます。

来週から定期的に寄稿しますので、お楽しみに!!!

(どれくらいのペースにするか、思案中です。)


役に立った!思った方はココをワンクリックして下さい!
↑人気ブログランキングでポイントが加算されます。応援よろしくお願いします!

         

■労働法を斬る■
教えて退職金制度(44)どうする?残業問題(22)継続雇用相談室(14)
解雇/懲戒110番(14)辛口?コラム集(13)
マクドナルド問題の考察(6)
■その他コラム■
長時間労働削減の切り札!タイムマネジメントのススメ(13)

ブログTOPページ 社会保険労務士 越後の虎 プロフィール