新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

更新情報

31都道府県の274市町村が、バスや鉄道などを使わず、徒歩で 通勤する職員にも通勤手当を支給していることが19日、総務省の 調査で分かった。

石井さん、いつもこのブログを楽しみにしています。育児関連の話題に関しては私も2歳の子供を持つ身として大変興味をもっています。私も、本日の記事で年金に関する育児関連の情報を提供しています。お互い頑張りましょう。

こんにちは。新潟の社労士「越後の虎」です。年金は毎年どんどん制度が変わって追いかけるのが大変ですよね。しかも政治の都合もあったりして。そこで、今年の改正点をまとめてみました。

今日は趣向を変えまして、給与に関する以下の記事について触れたいと思います。現物支給されたスーツに課税された話題です。他人事のように感じるかもしれませんが、意外と似たようなケースはありそうです。

新潟の社会保険労務士、新島です。私が以前いた業界でも、やはり社員のサービス残業が多く問題となっていました。私も実際にサービス残業削減業務に携わっておりまして、その経緯をブログで「プロジェクトZ」として書き込んでいます。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 企業側の問題として取りあげられることが多い退職金問題。 しかし、団塊の世代を中心として退職を控える人が多く なり、従業員側からも関心をもたれているようです。

↑このページのトップヘ