「働き方改革」ブログセミナー 無料で学ぶ事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

「働き方改革」ブログセミナー 無料で学ぶ事例集 イメージ画像

更新情報

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。昨日のセミナーですが、やはり5分のオーバー、最近はヒートアップしすぎています。仕事を忘れて語ってしまうこともしばしば・・・いけませんね。 さて今日は、ボーナスの上手な払い方についてをお伝えします。 まずは

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。毎日更新(ウイークデー)を再開してから4週目に突入です。我ながらよく続いているなと感心しています。今後とも応援よろしくお願いします。 さて今日は、賃金改定に関する話題をお届けします。 まずはコチラをチェッ

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。4年ぶりに毎日更新を再開して2週間が過ぎようとしています。昔同じことをしていたのですが、やってみるとやはりキツイですね・・・でも、皆様のために頑張ります! 今日は、賃金に関する話題をお届けします。 まずは

こんにちは、新潟の社会保険労務士にいじまです。電車で通勤しているんですが、インフルエンザ対策で乗車中はマスクをしています。怪しい雰囲気なんでしょうか、隣にあまり人が座りません・・・ さて、今回は最近相談が多くなっている人件費のコントロールについてです。

こんにちは、新潟市の社会保険労務士「にいじま」です。 今月は、みなさんの前でお話しする機会が多くなっています。セミナーが3回、講演が2回あります。どれも社会的に問題となっているテーマばかりです。 まずはコチラをチェック!→人気ブログランキングへ 皆さ

こんにちは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。今回のテーマは「社員の採用」についてです。 少子化により「売り手市場」の傾向が強くなっている中、良い人材を採用できないというお悩みをよくお聞きします。今日はこの話題についてです。 まずはコチラをチェッ

こんにちは、新潟の社会保険労務士「にいじま」です。今回のテーマは「人件費の管理」についてです。 毎年3月から4月にかけて昇給についての話題が飛び交います。その中では、具体的にいくら給料が上げるという話がよく出るものの、いくらが適正か?という話題はあまり

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 正確な評価のできる評価表できtんと評価をする、そして正しい理論に基づいて賃金表を決める。これで会社が成長するでしょうか? こんなことが起こるかもしれません。正しい評価をして賃金が下がっていく。こんな社員が増え

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 「昨年は業績がイマイチだったけど、みんな頑張ってくれたから去年と同じ金額の賞与を支払ってあげよう!」 社長様は、社員の頑張りに報いたいと思って賞与を支払いました。 しかし・・・ 今日の順位は何位?→人気ブログ

こんにちは、新潟の社会保険労務士、新島です。 以前、賃金制度の見直しのコンサルティングを進める際、社長様に「経営理念」についてお聞かせ頂くようお願いしました。 でも、「いや、特に決めたものはないよ。でもウチの社員は僕の考えを理解しているから大丈夫ですよ」

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「説明の重要性」についてです。 ある会社で新しい人事制度を導入することになりました。制度は理にかなった内容であり、きちんと説明もしました。しかし、社員からの反発が大きく、頓挫しているとか。

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「有給休暇」についてです。 有給休暇を取得する権利を主張する従業員が増え、有給休暇に関する質問が急増していますが、先日次の質問を受けました。 「有給休暇を沢山取得している人は賞与の査定を

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「人事評価」、です。 以前、ある社長さまから賃金制度と人事評価制度の見直しの相談を受けたときの話です。人事評価をする際に自分の裁量で評価に加点をしたいんだが・・・ まずはコチラをチェック

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「採用難」、です。 高齢者の活用に注目が集まる中、一方で少子化の影響による「採用難」の問題が多く取りあげられるようになっています。採用氷河期と評する報道もありますね。そこで、今回は採用難に

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「賞与の払い方」、です。 先日ある社長さまから、こんな質問をされました。 「決算賞与を出したほうがいいのか?」 何故そのような質問をされたのか。詳しく聞きましたら、それは意外な理由でし

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のテーマは「賞与で悩む経営者さま」、です。 12月と言えば冬の賞与の時期ですね。毎年この時期になると頭を悩ませる経営者様が多いようです。「よーし頑張って賞与の金額を決めるぞ!」という方は稀でしょう。ど

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 人事制度や賃金制度の見直しに悩む経営者さまは多いと思います。そして、悩んだあげく、他社の事例を集めよう!と事例コレクターになることが散見されます。 まずは

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 日経新聞に興味深い記事がありましたので、紹介しようと思います。労働時間や働き方に関する従業員の考え方を調査した結果です。 まずはコチラをチェック!→人気ブ

業績を向上させたい、イマイチ元気のない社員にヤル気を出させたい、このような考えで賃金制度を見直そうと考える経営者さまは多いと思います。 しかし、賃金制度を見直せばその目的を達成できるとは限りません。このページは会社を元気にさせる事例、会社の活力を削ぐ事

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「会社を元気にしよう」、です。 引退したサッカーの中田選手、ロッテのバレンタイン監督、立場は違えど、ともにチームに大きな影響を与えた2人です。しかし、その手法はまるっきり逆です。今回はその

↑このページのトップヘ