新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。次世代が明るい未来をイメージできるよう微力を尽くします。 

新潟市の社会保険労務士「働き方改革」実践、事例集 イメージ画像

更新情報

ホクギン経済研究所が新潟県内の企業に入社した新入社員を対象に実施した「フレッシュマンの意識調査」について結果を発表しました。以前「成果主義を望む新入社員が増加!」という調査結果をお伝えしましたが、今回はどうでしょうか。

先週、読売新聞記事で気になる記事がありました。年金、医療の保険である社会保険と雇用、労災の労働保険の保険料徴収一元化について、厚生労働省は企業の保険料滞納・未払い対策を先行して実施する方針を決めたとのこと。

朝日新聞が全国主要企業100社を対象にした景気アンケートの結果を発表しました。原則として社長ら経営トップに面談し、判断を尋ねたとのこと。景気の現状に対する経営者の判断は「足踏み(踊り場)状態」「緩やかに回復」の2項目で全体を二文しています。

個人の所得税改正については様々な報道がありましたが、2007年からの改正について政府の税制調査会が発表する報告書が明らかになりました。その骨子について主なものをまとめてみました。

従業員を雇用している企業は労働保険料を納付しています。そして労働保険料は様々な用途に使われています。その中でも「箱モノ」と呼ばれるムダな施設の建設や予算の使い残しなど、労働保険関連事業の無駄遣いが問題になっています。

新潟の社労士「越後の虎」です。今日のテーマは「助成金」です 先日、創業したばかりの企業に助成金の案内をしに行きましたが、その際に、要件に該当するにもかかわらず、既に法人登記をすませてしまったばかりに貰えなくなってしまった助成金がありました。その助成金は

先月喫煙手当の問題について触れました。しかし昨日のニュースでもっとインパクトのある手当に関する報道がありました。その名も「乱闘手当」。国会職員に支給されていたこの乱闘手当が廃止されるとのことです。一体どういう手当なんでしょうか。

↑このページのトップヘ