新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP!

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。 

新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP! イメージ画像

更新情報

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 ある保険営業マンが私に言いました。 「先生、ここだけの話ですが、僕は今の会社にずっといるつもりはないんですよ。50歳くらいまでは頑張ったら独立しようと思ってい

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 <退職金問題-その5-> 退職金制度に問題があるのはわかっているけれでも、もうすぐ退職だから。 面倒なことは嫌だし、自分の退職金が減るのも嫌だな。 私がいなく

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 <退職金問題-その4> よく悪い例として「開き直る社長」がでてきます。 本や雑誌に書いているのを読んでも、実際にそんな人はいないだろうと思っていました。まが

こんにちは、新潟の社会保険労務士「越後の虎」です。今回のコラムは「教えて退職金制度」、です。 <退職金問題-その3> 昔作った退職金制度に問題があるということは、ほとんどの企業で認識していると思います。しかし、実際に改革への取り組みは始めている企業はま

新潟の社労士「越後の虎」こと新島です。 <退職金問題-その2-> 退職金問題に関する情報提供と言いますと、確定拠出年金や保険商品など新たな資金準備の情報が多くなっています。退職金制度自体の改定については意外と少ないのが現実です。もちろん全部が全部そう

社労士・退職金コンサルタント「越後の虎」です。 今日のテーマは退職金です。 2007年になりますと団塊の世代が大量に退職し、多額の退職金が発生します。しかし、適格退職年金に代表される多額の積立不足をかかえた退職金制度、高度成長期に作られ多額の退職金を約束

↑このページのトップヘ