新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP!

元「働き方改革リーダー」の社会保険労務士が働き方改革、残業問題の話題を中心に現場で使える知識をお伝えします。 

新潟市の社会保険労務士が「働き方改革」で業績UP! イメージ画像

更新情報

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  働き方改革、時短に成功する方法、  ざっくりとですが、  このテーマをメインで  ブログを続けていきたいと思っています。  元「働き方改革リーダー」として  自分の経験したこと、  お客さま

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  大手弁当チェーンの店長だった30代の女性が、  管理職であることを理由に  残業代が支払われなかったのは不当だとして、  未払い残業代など約510万円を求めていた訴訟の判決が  2月17日、地方裁判

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  国の進める働き方改革で  新たな動きがありました。  以前から報道がありました  勤務間インターバル導入への  助成金制度が開始となりました。  勤務日と次の勤務日の間に  一定時間の休息を設け

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  残業時間の上限についての議論が進められていますが、  昨日行われた働き方改革実現会議では、  基本的な方向性が出されました。  ポイントは以下の通りです。    1.原則は月45時間、年360

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。  自己啓発の学習も労働時間、  このような指針を厚生労働省が発表したという報道がありました。  厚生労働省は、長時間労働の温床とされるサービス残業をなくすため、  会社側の「暗黙の指示」で社員が

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  厚生労働省は12日、  厚生労働省サイト内の  労働保険関係各種様式のページを更新し、  「年度更新申告書計算支援ツール」を  アップしました。  詳しくはこちら【厚生労働省】  http://www.m

   おはようございます、新潟の社会保険労務士、  新島です。  労働者派遣法改正案は  6月12日に衆院厚生労働委員会で採決され、  今国会で成立する見通しとなりました。  維新の党などが議員立法で提出した  「同一労働・同一賃金」推進法案について、

↑このページのトップヘ